アダプトールマウント改造




以前に紹介した アダプトールのM42マウントアダプターが、ボディーにぶつかる。という件ですが。PENTAX ESを使うことはないので、絞り連動のギア自体を取り除いてしまおうと思います。

この出っぱったギアはPENTAX ESの絞り開放の連動に使うみたいでマウントアダプターでデジカメに使用すには全く関係ありません。

ネジを外して、大きいギアも外したかったのですが、3本のうち1本のネジがどうしても硬くて回らないのでネジ山を壊さないうちにあきらめ、出っ張ったギアだけをやすりで削り取りました。アルミ製?なので比較的簡単に削れました。削り跡が指にあたって痛いので、タミヤパテで埋めてタミヤペンの艶消し黒で塗っておきました。見た目は、イマイチですが使い勝手は問題ありません。

これでレンズ装着時にボディーに当たる事はありません。

カチッとレンズ装着するとこの位置に来ます。

あと、M42のピン押しが付いてないので、ついでに押し込んだ状態に固定しておきます。

ただ黒い分厚い両面テープで止めます。

これで、絞り込み測光でデジカメで利用可能になりました。




ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です