SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5




SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 Mタイプのジャンクレンズです。
7群7枚構成で結構重たいレンズです。2倍ズームで最短撮影距離が1mと物足りないスペックですが「昔のレンズ」といった感じのレンズです。540円でした。

外見は、年式(1979年ごろ)にしては、きれいだと思います。

しかしレンズ内部は、全体に菌糸状のカビで覆いつくされています。

こんなにカビだらけのレンズは初めてです。はたして、カビをとることができるでしょうか?

とりあえず、前枠の化粧板をゴムリングをあてて回しとります。ゴムローレットも外します。

ゴムローレットの下にあるセットビスを3本外します。

前玉群(3枚)が外せます。

前玉群の裏側を中性洗剤と無水エタノールで、きれいにします。カビは上手く除去できました。

前玉群のすぐ後ろのレンズが猛烈にカビています。この1枚のレンズの後ろに絞り羽があります。

C型をしたレンズ押さえを外します。

・・・できれば、このリングは外さない方が良いと思います。

このリングは絞り羽を押さえているリングで、下手に外すと絞り羽がバラバラに外れてしまいました。外れた絞り羽を元に戻すのに相当時間がかかりました。しかしそのおかげで、レンズは両面ともカビ除去ができました。

レンズ清掃を終えて、元通りに組み戻します。

レンズのカビは綺麗にすることができました。

少し重たいですが、ずっしりとした昔懐かしいレンズです。

レンズのカビは、菌糸状の物は中性洗剤と無水エタノールで、比較的キレイにできることが多いと思います。

いずれまた、試写をしたいと思います。




ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です