MINOLTA MD W.ROKKOR 35mm F2.8 清掃




先日購入したジャンクのMINOLTA X-500についていた MINOLTA MD W.ROKKOR 35mm F2.8 を分解清掃したいと思います。

外見は比較的きれいだと思います。

後玉群はかなり、カビ、曇り、汚れがひどいです。

とりあえず、前側の銘板を改造コンパスで外します。

下にネジが3本ありますので。このネジを外します。

ねじ止めされているリングも外します。

前玉群が外せます。こちらは、前後の面だけ少し汚れていたのでクリーニングして、群内部はそのままにしておきます。

マウント側を分解します。

外側の4本のネジを外してマウントを取り外して、後玉群を外します。

後玉群をカニ目レンチでばらして、レンズ全面をクリーニングします。

どうしても最後部の外側の面が思うようにきれいになりません。

絞り羽は、油も回っていなくてきれいな状態なのでこのまま触らずにブロアだけかけておきます。

このまま、元通りに組み戻して終了にします。

前玉あたりは、きれいになりました。

最後尾の面は、いまひとつきれいになりませんでした。

全体的には、きれいです。ヘリコイドもスムーズに回転します。一番後ろの面だけもう少し綺麗にしたいのですが・・・。

今回はこれで、良しとしておきます。




ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です