TAMRON SP 28-80mm F/3.5-4.2 分解




TAMRON SP 28-80mm F/3.5-4.2 27A アダプトール2マウントのジャンク品です。540円でした。マウントはついていませんでした。

タムロンのサイトによると
「広角系で最も使用頻度の高い28mmからポートレート撮影に適した80mmまでカバーする新標準ズーム。全長86.5mm、最大径67mmと極めてコンパクトです。また高屈折率ガラスの採用で諸収差を徹底的に補正。画面のすみずみまで高い描写性能を発揮します。さらにテレ側で最大撮影倍率1:3.4のマクロ撮影も可能な多機能レンズです。」
とのことです。

 

外見は、年式にしては比較的きれいです。レンズ内も目立ってカビやほこりはありません。

ピントリングはスムーズに回転します。しかし、絞りリングの回転がかなり重くスムーズには回りません。よーく観察していると、絞りリングが少し傾いています。

仕方ないので、とりあえず分解してみます。

絞りリングのゴムローレットを外します。

ローレット下のネジを外して、マウント面を一度抜き取ります。

もう一度まっすぐに入れなおして、ネジをしめ戻します。

これで、見た目もますぐに戻り、回転もスムーズに回るようになりました。

結構大きくて重いですが、なかなかカッコいいレンズだと思います。

写りのほうはどうなのでしょうか??




ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です