PETRI 135mm F3.5 CC Auto 分解清掃




540円のジャンクで見つけた PETRI 135mm F3.5 CC Auto です。レンズ内部はかなり汚れています。コパ切れなのか、鏡筒内部が剥げているのか、かなり傷んで見えます。ヘリコイドの回転もかなり重いです。ねじ込み式のフードが付いています。

内部のレンズはかなり汚れています。

コパ切れか何かを起こしているようです。

ねじ込み式フードを外します。

前枠をゴムリングで回して外します。以外にすんなりと外れました。

前玉をねじって外し、無水エタノールで、きれいにします。あまりきれいにはなりません。

イモネジ3本外して、ピントリングを外します。

巨大な2枚目群がゴッソリ抜けます。

この2枚目群の後ろのコパが劣化していました。

こんなに派手に痛んでいます。

ヘリコイドを外して、劣化したグリスを取り除きます。

こちらも、グリスをきれいにします。

コパ切れは、また今度修理する事にして、元に戻します。

ヘリコイドの動きは、良くなりました。

PETPRIマウントのカメラは、持っていませんので、フランジバックの似たミノルタMDマウントのカメラにあてがってみると、無限もそこそこ出ているみたいです。一応、完成とします。