Canon NEW FD 70-210mm F4 分解清掃




また、2nd streetのジャンクの Canon NEW FD 70-210mm F4 を買ってしまいました。540円でした。袋に入っているので、状態はよく分かりませんが、New FDだし、リヤキャップも付いているのでつい買ってしまいました。

袋を開けてみると、外見はまずまず綺麗でしたが、中玉辺りに妙な汚れがあります。

とりあえず、前側から攻めてみます。ゴムローレットを外します。ゴムの下にぐるりとセロハン紙が巻かれています。さすがキヤノン純正と言う事でしょうか。

このコロを取ると前玉群が外れます。あまり汚れていないので、軽く拭いて戻します。

後玉群かその前の絞りあたりが怪しいので、今度はマウント側から攻めてみます。

ズーム指標のネジを3本外すと指標が動かせます。

その下の、ネジ6本を外します。マウントと絞りリングがごっそりと外れます。

後玉群は、細い筒になっています。この後玉群は綺麗だったのでそのままにしておきます。

絞り羽と後玉群の間に、もう1枚レンズがあります。

このレンズは、ゴムのようなスペーサーが付いています。

このゴムのようなスペーサーがレンズをぴったりと押さえつけているので、なかなかレンズが外れませんでしたが、何とか外せました。しかしこのレンズも綺麗です。

絞り羽の向こう側のレンズが汚れていました。幸い絞り側の面だけの汚れだったのですぐにきれいになりました。

もとに組み戻して、清掃終了です。

Canon New FDの構造はイマイチ分からないので、戻すのが大変でしたが、何とか使える状態になりました。

いずれまた、試写をしたいと思います。




ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です