Canon FL 200mm F4.5分解清掃

 

ブックオフで見つけた Canon FL 200mm F4.5 のジャンク品です。ビニールに完全にくるまれていて、レンズに内部の状態もヘリコイドや絞りリングの動きも全く確認できません。ただ金属製の純正のフロントキャップとリヤキャップが付いていて、280円ならば良しと思い、買ってきました。果たして使い物になるのでしょうか?

外見は、年代にしては奇麗な方だと思います。ヘリコイドの動きも、絞りリングの動きもスムーズです。絞り羽の油にじみもありません。

しかし、レンズの内部はかなり汚れています。

分解清掃したいと思います。まず、鏡筒横のイモネジを1本外します。

前玉群がごっそりと外れます。

埋め込みフードを外しておきます。ただ反対方向に引き抜くだけです。

最先端のレンズのクモリがひどいです。

銘板票をカニ目レンチで回して外します。

最先端のレンズは2枚の張り合わせレンズになっています。この前面の汚れがどうしても少し残ってしまいました。

前玉群の後ろのレンズにカビが生えています。

手で回して、レンズが外れました。

中性洗剤と無水アルコールで綺麗になりました。

中玉と後玉も少し汚れているので綺麗にしたいと思います。ゴムローレットを外します。

ゴムの下に隠れているネジ4本を外します。

こちらも裏表とも中性洗剤と無水アルコールで拭いておきました。きれいになりました。

あとは、元通りに戻して終了です。

前玉の最先端に少し曇りが残ってしまいましたが、それ以外はまずまず綺麗になったと思います。無限のチェックも大丈夫みたいです。